• その他

【趣味活】バスフィッシングを始めてみて伝えたい事

子どもの頃に好きだった釣りをこの機会にもう一度

小学生くらいだったか、なけなしの小遣いをルアー集めに使い、自転車で朝早くから山の中の野池に釣りに行っていた釣り少年でした。

大人になって、時間もお金も自分の好きにできる様になったけど、なぜか触れてこなかった。

必要に迫られる別の趣味や活動に力を入れる様になっていました。

こんなコロナ禍、人に合わず、自然に触れれる釣り!

しかも、遠くの海まで行かなくても意外と近くの池や川、ダムにまで釣れるところはたくさん!!

10OZTシャツを着てするアウトドアな趣味として、皆さんにご紹介するために2か月間毎日実践し、分かった事を皆さまにお伝えします。

Original S [21オーバーシルエット]

価格についてはお問い合わせください

型番:Original 21 S

送料:沖縄・離島は別途送料1000円

納期:ご注文後3日以内に出荷

Original M [21オーバーシルエット]

価格についてはお問い合わせください

型番:Original 21 M

送料:沖縄・離島は別途送料1000円

納期:ご注文後3日以内に出荷

Original L [21オーバーシルエット]

価格についてはお問い合わせください

型番:Original 21 L

送料:沖縄・離島は別途送料1000円

納期:ご注文後3日以内に出荷

Original XL [21オーバーシルエット]

価格についてはお問い合わせください

型番:Original 21 XL

送料:沖縄・離島は別途送料1000円

納期:ご注文後3日以内に出荷

釣り。なぜバスフィッシングなのか。

釣りといえば、海。釣った新鮮な魚を美味しく食べたい。

というイメージが先行しがちかと。

しかし、バスフィッシングは食べるための釣りではありません。

もはや戦略的アウトドアスポーツじゃないかと思っています。

食べれない釣りをなぜやるの?よく言われました。

面白いからです!笑

そして、何よりオシャレに決める。カッコ良さ。という物を追求する側面もあります。

ブラックバスの生態と習性を理解し、餌ではなくルアーを使って戦略的に食わせて釣る。

まるでゴルフのコースを回るのと似ています。

その日の天候、水中の環境、捕食している餌、などなど色んな事を考え攻略する。

ゴルフと似てません?ゴルフも食べれなくてもやりますよね。笑

始める為にはタックル(道具)揃えから

バスフィッシングはアメリカで始まったスポーツです。

なので基本、用語は英語。カッコつけたわけではありません。笑

子どもの頃の私にとっては、このタックルが高価で購入する事ができませんでした…

しかし、私も大人。扱える額はさすがに大きくなりました!

そして、今はなんと中古ショップがたくさんあります。

いくらくらいかかるの??

ワンセット揃えるのに新品で3万~10万くらい。

中古でこれがうまくいけば半額でそろうかも?といったところ。

ルアーは、800円~2000円程度。

フック(針)、シンカー(重り)はサイズや形で種類は無数にあります。

全てを揃える必要はありません。自分がしたい釣りに必要なモノを揃えていけます。

 

 

 

今後、【趣味活】キャンプ編に続いてバスフィッシング編

をお届けします。

始めたばかりの初心者が何から取り組めばいいのか。

初心者が2か月でこれだけの釣果を出せた秘訣はなんなのか。

今後、数回にわけてご紹介していきますね♪

10OZ

10OZ 店長

白Tシャツを毎日の様に着る様になり、はや5年。
5月ゴールデンウイークから10月末くらいは、Tシャツを着て過ごしてきました。
毎年、年間に5枚は新調するもヘビロテなだけに痛みも早い。
シンプルコーデゆえに痛みがカッコ悪い。
汗、透け防止でインナータンクトップも併せて新調。
それらを解決するために10OZを立ち上げました。